立地最高!都心の賃貸マンション案内

西新宿でのオフィス賃貸で原状回復費の負担

和室といえば畳がポイントになります。畳のにおいをかぐと落ち着くということがあるかもしれません。また、フローリングに比べて冬は温かみがあるということがあります。さらに夏はあまりべとべとしません。いろいろなメリットがあるということです。この畳においては、敷きたての状態を知っているでしょうか。少し緑がかっているのがわかります。しかし、1日ですっかり色が変わってしまうことがあります。ものを置いているとその部分だけ敷きたての色が残っています。

畳の色といいますとすぐに変化をしますが、他の部分においても使っていたり時の経過によって色が変わることになります。さらにタバコを吸うとなるとタバコによって壁の色が変化することもあります。さて、もし退去するとき、原状回復としてどこまで負担をしなければいけないかです。住宅の場合は、原則として貸主ということです。通常の利用であれば貸主負担で、タバコの場合も特にひどいものでなければ貸主負担になるということです。

一方オフィスとなると借主負担が一般的になります。そこで西新宿でオフィス用としてSOHO物件を賃貸で利用するときのことを考えます。こちらの場合、物件としては住居としても使えるところです。一方で利用はオフィスとしての利用です。このとき、原状回復としてはどちらが負担するのが原則かです。こちらは、住宅とみなされて貸主が負担するのが一般的とされています。もちろん状況によっても変わると思いますが、費用の負担が変わってきます。

Copyright (C)2019立地最高!都心の賃貸マンション案内.All rights reserved.